男性ホルモンのテストステロンで痩せる

女性でも取り組めて筋トレが重要

男性ホルモンのテストステロンを高めるダイエット法女性でも取り組めて筋トレが重要効果を実感でき運動や食生活の改善もできている

私の場合もただ痩せて細くなりたいというわけではなく、ある程度筋肉のついた、細マッチョよりも少し太い筋肉を手に入れたいと考えていました。
女性でも腹筋が縦に割れていると格好良いですし、適度に引き締まった肉体は、異性を引き付けます。
男性ホルモンのテストステロンは25歳位までは十分な分泌がありますが、それ以降は低下していきます。
増やすために積極的なアプローチをするためには、どのようにすれば良いのかはわかりやすく教えてもらうことができました。
まず筋トレが何より重要ということで、特に足のトレーニングを重点的に行いました。
テストストロンを手っ取り早く上げるためには、下半身のトレーニングが有効です。

男性ホルモン補充で痩せる 論文紹介
はてなブログに投稿しました
男性ホルモン補充で痩せる! - 生涯現役!オトコ塾!! https://t.co/qPVuLpESK7 #はてなブログ

— Dr.こば🍄@男性ホルモン研究家 (@KobaKobauro) February 28, 2018
人間の体の筋肉量は、下半身が約70パーセントを占めており、ここを鍛えることで効率の良いダイエットができます。
お腹周りをすっきりさせたいとか、二の腕を引き締めたいなどと考えていましたが、だからといってその部位ばかりを鍛えても非効率なことを知りました。
脂肪は全身でつながっていて、筋肉が多い下半身を重点的に鍛えることで、二の腕やお腹周りの脂肪も落ちやすくなります。
ロジックがとてもわかりやすいので、納得をした上でダイエットに取り組むことができるのも特徴的です。
男性ホルモンが増えたからといって、女性らしさが損なわれたりヒゲが極端に濃くなってしまうこともないようなので、女性でも安心して取り組めることも同時に知りました。